元祖プーパッポンカリーのソンブーンポチャナー

ソンブーンポチャナーは独自の味覚を提供するシーフード専門店。1969年に営業を開始しました。タイ料理と中華料理の特徴をともに活かし、特に看板メニューのプーパッポンカリーは各国のメディアから世界一のプーパッポンカリーと称賛されています。海外のお客様がタイにお越しになられた際には必ず立ち寄る行き先にも選ばれ、国内外の政治家や各界の重鎮をもてなしてきました。

半世紀以上培った心意気と経験を活かし、世代から世代へと受け継がれた伝統的な味を維持し続けました。お客様同士の口コミで人気を博し、ソンブーンポチャナーは今やバンコクに8店店舗までに拡大しました。他都市、海外店はございません。

ソンブーンポチャナーまたは、Somboon Seafoodはタイの独自の味覚を提供するシーフード専門店として、長らく愛され続けてきました。サムヤーン地区の1ブロックの小さなビルにて、記念すべき第1号店を開業。ピチャイさんとチトラさんは誠心誠意レシピを開発。素材と調味料を細かく吟味し他結果、元祖プーパッポンカリーが誕生しました。スズキのナンプラー揚げ、テナガエビの塩唐辛子炒め、イカのレモン唐辛子蒸し、空芯菜炒め、シーフードのグリルなど、多彩なシーフードメニューも料理愛好家や観光客に愛されています。特にタイの伝統的な味を保持し、マイルドで濃厚なトムヤムクンは逃してはならない逸品です。タイ観光局が厳選した人気のタイ料理、バンコクローカルの逸品としてソンブーンポチャナーのトムヤムクンが選ばれました。

現在ソンブーンポチャナーはバンコク8店舗のみです。(他都市・海外店はございません)

スラヴォン店(1990) / バンタットーン店(1991) / ラチャダー店(1996) / ウドムスック(バンナー)店(2001) / サムヤーン店(2008) / セントラルエンバシー店(2014) / サイアム・スクエアワン(SQ1)店(2014) / セントラルワールド店(2018) /
1969:ソンブーンポチャナー誕生
ソンブーンポチャナー1号店はバンコク・サムヤーン地区、チュラロンコーン大学経営商学部のそばに誕生。 ここが当時類をみない、元祖プーパッポンカリー。カニの鮮度、美味な味、リーズナブルな価格が料理愛好家に大好評。 その美味しさが口コミで広まり、複数回店舗を拡大することになりました。
1990:スラヴォン店
2号店をスラヴォンでオープン。ここから日本人客・海外客にも人気を博しました。
1991:バンタットーン店
サムヤーン店がチュラロンコーン大学土地管理局との契約が終了したため、チュラ ソイ8に移転。 のちにソンブーンポチャナー常連客の人気店となりました。
1993:ソンブーンチャイニーズ
バンタットーン通りに広東式中華料理店「ソンブーンチャイニーズ」をオープン。奥深い伝統的中華は国内外の料理愛好家、各界の重鎮、ビジネスマンに好評。
1996:ラチャダー店
バンコクの新しいビジネス街中心にラチャダー店をオープン。
2001:ウドムスック店
バンコク東の巨大住宅街、ウドムスック(バンナー)に出店。
2008:サムヤーン店
サムヤーン地区に再出店。現在のチャムチュリスクエアビルにあたります。
2014:45周年にて百貨店2店進出
45周年を記念し、セントラルエンバシーとサイアム・スクエアワン(SQ1)に出店。百貨店内にあるこの2店舗はBTS(チットロム駅 プルーチット駅 サイアム駅)でアクセスがしやすくなりました。
2018:48年で8店舗
セントラルワールド店を48周年にてオープン。元祖プーパッポンカリーの高い標準を維持し続けている。